時短の要求

基盤

企業が取り扱うITに関するデータは、非常に重要になってきたこともあり、そのデータ量は膨大なものに担ってきています。そうした中でこれらのデータの保存や読み込みに関する時間を短縮したいという要求が多くなり、それに対応するものとして。オールフラッシュストレージが登場してきたのです。このオールフラッシュストレージとは、利用が拡大しているSSDなどのフラッシュメモリを、大容量ストレージに採用したものになります。このSSDを通常のハードディスクのように、RAID構成を作ることにより、高信頼性と高速読み書きを実現したのです。SSD自体の価格が下がってきた現在において、高速という特徴への注目から、オールフラッシュストレージは、普及が始まってきているのです。

高速化が魅力なオールフラッシュストレージを利用するには、今までのように、ストレージの専門業者や、ハードウェアメーカーから購入するのは、ひとつの手段になっています。これらの企業は、今までのハードディスクを利用したストレージのような仕組みで、オールフラッシュストレージも、そのラインナップに加えているのです。また最近では、オールフラッシュストレージのみを取り扱うメーカーも出てきており、SSDの特徴を活かした、製品づくりを行っています。またデータセンター事業者も、サーバのレンタル時に、オールフラッシュストレージを選択できるようになってきていますので、気軽にその高速性能を利用することができるようになってきています。このように現在ではオールフラッシュストレージも利用できやすい環境になってきているので、十分に検討する機器になってきているのです。