復旧作業という問題

基盤

ハードディスクの値段も大分安くなったこともあり、最近では個人使用でもraidを構築している事が多くなりました 大抵は壊れやすいハードディスク対策としてのミラーリングとしてのraidですが、お金に余裕のある方などはストライピングなども試しているようです。 もちろん、バックアップの重要性から、ミラーリングとしてraidを使う事はとても良いことですが、その復旧に関しては少し問題があります。 raidの構築自体はインターネットで調べて説明通りにしていけば、それ程難しい事もなく構築出来ます。 しかし、いざ復旧となると、ケースバイケースの事も多いため、少々敷居が高くなってしまうのです。 将来的には仕様においてこの復旧なども簡単になると思われますが、現在の所は復旧作業は業者に頼むなどの選択肢も考慮に入れるべきでしょう。

raidはハードディスクの冗長性を上げる技術ですが、それはハードディスクがコンピュータに於けるもっとも重要なストレージだったが故に発達したものです。 ハードディスクはその容量と高速性から、他の追随を許さないほど優れたデータストレージであり、その信頼性を上げる事はとても重要だったのです。 また、ネットワークの発達などによりアクセス速度の向上も常に求められていて、そのためraid0と呼ばれるストライピング技術なども登場しました。 ただし、ハードディスクが比較的に高価だったためもあり、その技術が一般にも使われ始めたのは近年の事です。 現在ハードディスクは徐々にSSDに置き換わりつつあり、将来的にはまた違った技術が登場することも予想されます。